世界最古の会社Monnaie de Paris(モネ・ド・パリ)パリ造幣局の18金メダイのペンダントトップになります。

 

フェリックス・ラスムニーは、アール・ヌーヴォーの代表的な作家で、エイメ・ミレー、カミーユ・ゴーティエ、ポーラン・タッセの弟子です。

(1869年4月20日にセバストポリで生まれ、1940年にパリで亡くなったフェリックス・ラスムニーは、フランスに帰化したロシア人の彫刻家、メダリスト、宝石商です。) 彼のデザインを利用した聖母マリアとイエスキリストの楕円形18ミリメダイです。

裏側は、聖なる2つのベルがデザインされています。 楕円形のカタチが可愛く、他のペンダントトップと重ね付けしてもおしゃれです。 歴史あるモネ・ド・パリが作り上げたクオリティーの高い上品でおしゃれなデザイン性と本物の金の輝きをお楽しみ下さい。

 

素材:18金

サイズ:縦18mm  横幅12mm

重量:3.3g

 

※専用箱付き(7.5×7.5×3cm)

※パリ造幣局の商品証明書付き(4×4cm)

 

<刻印>

※コーヌ・ダボンダンス(corne d'abondance) こちはパリ造幣局専用刻印になります。 フランスのユーロにも同じ刻印があります。

※テット・デーグル(tête d'aigle) フランスでは18金の商品が証明される為の刻印です。

フランス製 聖母マリアとイエスキリスト ペンダントトップ・18金18ミリ

¥54,000価格